どれぐらいかかってる?メール配信の作業時間を認識しよう

メール配信業務の棚卸しをしてみよう

どれくらいの時間を自社内でメール配信の作業に費やしているかを認識した事はありますか。
メルマガ配信の様に不特定多数の顧客にメール配信をする様な企業の場合、相当な時間を費やしている事が容易に想像がつきます。
メール内容そのものが配信する内容にふさわしいか、誤字脱字は無いか、配信リストに不備は無いかなど1つのメールを配信するだけでも多くの確認を必要とするのです。加えて、より万全を期すためにダブルチェックなどを行う場合はプラスアルファで時間と労力がかかって来るので膨大な時間がメールを配信するのにはかかってきます。
一度、自社内のメール配信業務全般の棚卸しを行いどれだけの時間が掛かっているのか、無駄な個所が無いか、そして、費用対効果に見合っているのかをしっかりとチェックしてみましょう。

代行活用で攻めの姿勢を

メール配信業務が費用対効果に見合わないと感じたら、一度、専門のメール配信代行業者へのアウトソーシングを検討してみるのが良いでしょう。メール配信業務を専門としている業者なので、独自のノウハウで効率的かつ効果的にメール配信業務を遂行してくれます。
費用に関しても自社で賄うよりも圧倒的にリーズナブルに収まるケースが多いので非常に合理的です。アウトソーシングの形も完全に全てを依頼する形から部分的に代行を依頼する形まで様々なパターンがあるので臨機応変に使い分ける事が出来ます。
面倒な配信作業は安心して任せられる専門業者に任せて、自社のヒューマンリソースを企画立案や営業活動に傾けて、攻めの姿勢の経営を行って行きましょう。